へんたいイニシアチブ 〜妹と従姉妹に握られ性活〜 

「へんたいイニシアチブ」とは、
妹「杏子」と従姉妹「穂乃香」という2人の年下の女の子に
主導権やらあそこやら握られてしまう抜きゲーです。

2014年06月以降、エクセプション様のサイトが機材トラブルにより閲覧できなくなっているため、
・作品の紹介  ・ボイスサンプルの試聴  ・体験版、修正パッチの配布
などを目的として、メーカー様の許可を頂いた上で用意した「応援ページ」になります。


ストーリー

両親ともに留守がちな家を任される「浅木政紀」(主人公・名前変更可能)は、
妹である浅木杏子の面倒を見ながら、平凡な日々をおくっていた。
そんなある日、子供の頃一緒に遊んだこともある従姉妹・浅木穂乃香が
海外から帰国、少しの間ながら浅木家に下宿することになった。

「お兄ちゃん、わたしをお嫁さんにしてくれるって約束、覚えてますか?」

下宿初日、いきなり飛び出した穂乃香の台詞に戸惑いながら、
それを「子供の頃の約束だから」と誤魔化す政紀。
一方、杏子はそんな穂乃香の存在によって、意識に微妙な変化が生まれていく。

――そしてある夜。
政紀の部屋にやってきた杏子と穂乃香は、政紀をいきなり縛り上げた。
当然驚く政紀だが、そんな兄に対し杏子の告げた一言は、とんでもないものだった。

「アニキは年下にいじめられるのが大好きな変態だもんね?」

反論むなしく、2人によって射精されられてしまう政紀。
どうしていきなり変態扱いされたのか、その理由がまるでわからないまま、
杏子と穂乃香に主導権からアソコまで握られる日々が始まった。


作品の内容(エッチやお話の方向性とか)

本作品はスタートすると「共通パート」があり、
共通最後の選択肢によって「杏子ルート」「穂乃香ルート」の2つルートに分岐、
それぞれエンディングを迎えることで、新たな選択肢が出現して「ハーレムルート」が発生します。

エッチの方向性は、タイトルやストーリーからわかるように基本的には「主人公が受け身」です。
個別ルートの一部ではその限りでもないのですが、基本的には「されるがまま」「なすがまま」
ヒロイン2人の個別ルートをクリアして「どうしてこんなことになったのか」「ヒロイン2人の気持ち」を
知っている前提で分岐するハーレムルートは、ほぼすべて「2人からの同時攻め」です。

エッチの内容としては、
・手コキ ・フェラ ・オナホコキ ・足コキ ・素股 ・パンツコキ
あたりがメインで、本番は(全体の割合からすると)それほど多くありません。
手コキやフェラや、その最中の囁きが好きな人に向けられて作られている部分があり、
企画コンセプトは「視覚でも楽しめる音声作品=オートにして声で楽しみつつ絵でも楽しむ」
というものでした。このあたり共感できる人であればお勧めできるかと思います。

ダウンロード出来る体験版では共通前半3シーンを体験できます。
こんな感じのエッチシーンが20シーン以上入っている、と思っていただければ問題ありません。


キャラクター紹介

浅木杏子(あさぎ・きょうこ) / CV:結衣菜

主人公のひとつ下の妹で、 同じ学園の一年生。
元気で活発、勉強や家事は不得意なものの、 身体を動かすことは好き。
主人公のことを「アニキ」と呼び、少し距離をとって接しているものの、
世話を焼いてくれる兄を内心では慕っている。
妙なところで負けず嫌いな部分もあるが、根は甘えたがりで寂しがり屋。

「ね? ほんっと、アニキって変態だよね?」



いきなり主人公を変態扱いした張本人。理由はルート後半で明らかに。
自分で言い出して後に引けなくなり開き直って大胆な行動をとった挙げ句、あとでそれを後悔する、といった後先の考えがちょっと足りないタイプ。
エッチについての知識は一応ある……というか兄に隠れてこっそり兄をオカズにオナニーするぐらいにはエッチ。それでも本人は「自分はそこまでエッチじゃない、はず」という意識があったりなかったりする。
典型的な素直になれないタイプ。本質的にはMに近いものの、兄を責めているとき「大胆なことをしちゃっている自分」にドキドキする部分が多々ある。
個別ルートに入ると関係が変化――――するものの、エンディングではまた変化。あのエンディングのような雰囲気は好きです。
・ボイスサンプル             +まとめてDL

浅木穂乃香(あさぎ・ほのか) / CV:橘まお

主人公たちからすると従姉妹にあたる、杏子と同い年の帰国子女。
名字が同じなのは、父親の弟夫婦の子であるため。
両親より一足先に帰国、主人公たちの家で下宿することになった。
幼馴染みだったこともあり、昔の癖で主人公を「お兄ちゃん」と呼ぶ。
杏子とは対照的に勉強や家事が得意で、とくに料理をするのが好き。わりと思い込みが激しく、相手の言うことをなんでも信じてしまうことが多い。

「お兄ちゃんは、変態さん、なんですよね?」



杏子とは正反対で、エッチに対しての知識はないに等しいものの、杏子と一緒に主人公にエッチな悪戯を繰り返すうちに、ものすごい勢いでいろいろなことを吸収していく。潜在的エロさはかなりのものです。
奉仕精神の固まりで、好きな相手が自分に無防備な姿を見せてくれることに対して無意識に快感を感じている。そう言う意味では杏子より断然サドっぽいところが多く、ハーレムのオナホコキとかは、まさにそんな感じです。
将来的には、にこにこしながら射精管理しそうなお嫁さんになりそう。
個別エンディングでは「自分のスカートをくわえながら上に乗っかって」きます。このときのボイスはちゃんと「布をくわえた感じ」になっています。
・ボイスサンプル             +まとめてDL

浅木政紀(あさぎ・まさき) ※苗字、名前ともに変更可能

杏子、穂乃香と同じ学園の二年生で、本作の主人公。
両親が留守がちな家において、わりと積極的に家事をこなしているしっかりもの。
それなりに平凡な日常を過ごしていたはずが、
ある日、妹たちから身に覚えのない変態扱いを受ける。
あまりにも急な展開に最初こそ困惑していたが、
色々と悪戯を繰り返されるうち、意識が変わっていく。



面倒見が良いお兄ちゃんで、小さな頃から杏子だけでなく穂乃香の兄としても一緒に遊んだりしていたためか、根っからのお兄ちゃん体質。杏子とは少し距離をとって接しているものの、妹が困っていれば人目を気にせず助けに行けるぐらいにはお兄ちゃん気質に溢れている。
いきなり変態扱いされた挙げ句に「男性器を握られ」射精させられてしまったことで「弱味を握られ」てしまい、結果として「主導権をも握られる」主人公。
ちなみに、ハーレムルートのお兄ちゃんがある意味一番お兄ちゃんです。
名前だけでなく苗字も変えられるのが特徴で、苗字については連動して杏子、穂乃香の苗字もそれになります。苗字を「可愛い」にしたら「可愛い杏子」とか「可愛い穂乃香」になります。ただしその場合、主人公も「可愛い政紀」になる。
苗字については本編ではあまり出番はありませんが、突飛な名前をつけてプレイしていると忘れた頃に表示されるかもしれないのでご注意ください。
※なお、名前はタイトル画面から変更できます。


イベントCG紹介



本作品スタッフ

企画/シナリオ/演出

-
水瀬拓未
原画
-
やすき
 

体験版・修正パッチ

・体験版 DL
※起動時にネットワーク認証が必要ない形の体験版になります。 

・パッケージ版用修正パッチ DL
※DL版はすでに適用されている状態であるため不要です

・バナー詰め合わせ DL
※公式サイトで公開されていたものになります

取り扱いサイト、ショップなど

DL版
・Gyutto.com
・DLsite
・DMM
そのほか、各DLサイトさま

パッケージ版
・各PCソフト販売店さま店頭
・各種通販サイト
※発売から1年以上経つため、新品での入手は厳しいかと思います。


ちょっとしたこと

・メッセージウィンドウの透過について
「へんたいイニシアチブ」のメッセージウィンドウは、画面右下に表示されているスライドバーによって、
ゲームプレイ中どのタイミングでもコンフィグ画面に入ることなく、リアルタイムで変更することが可能です。
透過状態の比較画像。上が透過率100%、下が透過率0%。
赤丸をつけている画面右下のスライドバーの「I」をドラッグさせることで任意調整が可能です。
なお、メッセージウィンドウ右下の「×」ボタンをクリックすることでウィンドウを一時非常時にできます。

・高速スキップについて
メニューバーの「設定」から「シナリオ表示」を選択するといくつか項目がありますが、
(タイトル画面の設定ではありません。ご注意ください)
そのなかの「高速スキップモード」は、本来のスキップに比べてすごく早くスキップできます。
「俺は回想モードをまず埋める派」といった人はお試しください。

・バックログロードについて
同じくメニューバーの「設定」から「シナリオ表示」を選択して表示される項目から、
「バックログを全画面表示する」と「バックログロードを有効にする」を選んでいると、
いわゆるログ画面にチェックボックスのような小さな四角いアイコンが表示され、
それをクリックすることで「そのシーンに任意に戻る」=どこでもクイックロードが使用出来ます。
マシンスペック次第では重たくなることもありますが「あ、いまのとこもっかい!」って場合には便利です。

・SEの種類について
このゲームでは「効果音」と「エッチ効果音」に対して別々のボリューム調整ができます。
「ドアを閉める音やノックの音は欲しいけど、エッチの最中のくちゅくちゅ音はいらない」といった場合、
またその逆などあれば、個別に設定できますのでご利用ください。

(C)Exception